総量規制外のローンで失敗するケース

総量規制外のカードローンであれば、具体的な借入れ上限が設定されることは無い為、「年収の半分以上」の借入れが出来る可能性も考えられます。現実的にはそういった状況になる可能性は高くはないものの、根本的に不可能な総量規制対象カードローンと比べると可能性と言う意味では大きなアドバンテージを持っていると言えます。

ただ、総量規制外のカードローンを利用して失敗するケースとして、「気づいたら返済能力以上の借入れをしてしまっていた」と言う場合が起こり得るため、必ず自分自身の返済能力の範囲内で無理の無い借り入れをすると言うことを意識しておかなければいけません。

総量規制外のカードローンと言えども、初回契約時にそれ以上の契約が出来る可能性はそれほど高くありません。例えば、初回契約時に設定される上限金額は50万円以下と言うことが多いのですが、50万円の上限金額が設定される為には年収が150万円以上必要になります。これは総量規制対象・対象外のいずれも同じと考えて問題ないのですが、総量規制と言われているものではない融資の場合はその後に利用状況を見て増額される可能性があります。

通常であれば極端な増額が行われることは無いものの、利用状況が良好で目的がしっかりしている利用者に対しては高額な上限金額が設定される可能性もあります。ただ、それ自体には大きなリスクが伴うと言うことをしっかりと自覚し、増額するにしても「計画的な返済計画」に則って利用していかなければ失敗の可能性が高くなってしまいます。